片側顔面痙攣は治療とは?

片側顔面痙攣の治療とは?

片側顔面痙攣,治療

 

片方の顔が痙攣してしまう症状、
「片側顔面痙攣」ですが、

 

動脈硬化の影響や、ストレス、睡眠不足などが
発症の原因という事でしたが、

 

「片側顔面痙攣」の治療法とは、どのようなものがあるのでしょうか?
また、予防は出来るのでしょうか?

 

片側顔面痙攣って、どんな治療があるの?

 

ボツリヌス療法

痙攣している顔の筋肉に、
ボツリヌス毒素を注射します。

 

注射することで、軽度のマヒを起こし、
症状を抑制することが出来ます。

 

1回の注射で3〜4ヶ月は効果が持続
効果が無くなったら、再度、注射を行います。

 

副作用はほどんどありませんが、
まれにまぶたが閉じにくくなったり、
口角が下がったりすることがあります。

 

手術

動脈硬化の影響で、
脳の血管が顔面の神経を圧迫している事から、
その圧迫を除去する手術を行います。

 

根本的な解決になるのですが、
全身麻酔、開頭手術のため、
2週間の入院が必要です。

 

また、顔面神経麻痺や聴力障碍といった合併症を
引き起こす可能性があります。

 

片側顔面痙攣を発症させないためには?

片側顔面痙攣,治療

 

片側顔面痙攣を予防するためには、どうすればいいか?

 

片側顔面痙攣は動脈硬化の影響があるという事から、
動脈硬化に気を付けるようにすればいいでしょう。

 

例えば、
脂肪の多い食事を避けて、食物繊維や魚を中心とした食事を心がける事で、
動脈硬化を予防し、それが片側顔面痙攣の予防に繋がります。

 

また、
ウォーキング、ジョギングなどの有酸素運動を行う事も、
動脈硬化の予防に効果がありますね。

 

それに、身体的な疲労、精神的なストレス、睡眠不足も
片側顔面痙攣の発症の原因に繋がりますので、

 

十分な休息をとり、適度な睡眠時間を確保して、
自分の体も、心も、しっかりを休める事が大切ですね。

 

 

もしも、痙攣の症状が発症し、併せて、
ドライアイのような症状も見られるのであれば、
「眼瞼痙攣」の可能性があります。

 

その場合は、コチラを参考にしてみて下さいね。

眼瞼痙攣はストレスが原因!?

「まぶたのピクピク」は解消できます!

片側顔面痙攣,治療

まぶたのピクピクを解決する方法は、いくつかあるのですが、
どれも、「手術」や、「まぶたへの注射」など、
高額や、痛みを伴うモノばかりです。

しかも、効果が持続する期間が決まっている施術もあり、
定期的に行う必要があるのです。

しかし、【まぶたのピクピク用クリーム】がある事をあなたはご存知ですか?


↓こちらをクリック!






使用者の93.5%の人が満足と感じた、
他にはない、「まぶたピクピク用」のクリームです。

このクリームを使って、
人生が変わった人も多くいます。

あなたもこのクリームで、
あなたの悩みを解決してみませんか?


こちらのページには、使用者の口コミも多数掲載されていますので、気になる方は、下のバナーをクリックして、ぜひ口コミを確認してくださいね。


↓こちらのバナーをクリック




  このエントリーをはてなブックマークに追加